次々に出てくる様々なストレスと改善策

介護の仕事は対人サービスとなっていますので、そこで働いていればストレスの一つや二つは出てくるものです。具体例としてはまず「人間関係」があります。職員間の人間関係や、職員と入居者との人間関係、さらには入居者の家族との人間関係などが要因になってきます。職員間の人間関係については一般的な企業で働くのと同じで、そこには好き嫌いや合う合わないもあり、嫌いな方と働けばそのことでイライラが溜まってしまうこと出てきます。また施設によっては、入居者やその家族との付き合いが出てくることもあり、そこでもストレスを抱えてしまう方も多いです。介護福祉の現場で働く方にとってはこの「人間関係」によって、気持ち的な鬱憤が溜まる事もありますので、その点は注意して行くことが重要になります。その他には汚物を処理する時の臭いや、お給料の低さなども人によってはストレスの要因になることがあります。
では、そのようなストレスを解消するためにはどうすればよいかと言うと、まずは原因の解決を目指しましょう。人間関係ならばその人間関係を解消するために、対応の仕方を変えたりすることで問題が解決できる場合も出てきます。そして、それでもどうしても解決が出来ない場合は、オンとオフを切り替えて、休日に好きなことを思う存分にしてイライラを解消するのもオススメです。忙しい特別養護老人ホーム等の職員等の方は、休日はゆっくりと落ち着ける静かな空間で読書をすると言った事もストレス解消に効果があります。

★ストレス解消に関するサイト:http://xn--q9j2c2ga8e0kl393cwdya.net


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です